パパ活がうまくいく方法!パパ募集が成功する掲示板を厳選紹介!

MENU

パパ活をしている時にパパに体の関係を求められた時の断り方

パパに迫られた時の断り方

私は、サイトなどを利用して身体の関係なしのパパ活をしていました。
パパ活の内容としては、食事を一緒にしたり、ドライブに行ったり、パパの行きたいところに付き合ってデートに行ったりと、普通のカップルがしそうなデートをして、お手当を頂くというものでした。

 

最初はそういったデートでも満足してくれるのですが、段々会う回数が増えるにつれて、パパが身体の関係を求めてくることがあります。

 

しかし、私の条件は身体の関係なしのパパ活なので、この場合、絶対に許してはいけません。
1度身体の関係をもってしまうと、そういった関係で会うことが目的になってしまい、身体の関係なしでは会ってくれなくなってしまう可能性がある為です。
その為、パパが身体を求めてきた場合の私の断り方として、最初にそういう関係はなしで会うことを約束したよねと再度確認をするという方法をとります。

 

いきなり断るのではなく、相手に問いかけるようにします。
そうすることで相手を苛立たせたり、傷つけたりすることを防ぐのです。
そして、信用してたのに悲しい・やっぱりそういう目的でずっと私と会っていたんだね、という事を相手に伝えます。
最終的に、約束を守ってくれない人とは今後会う事は出来ないという事を伝えます。

 

この時注意しているのは、怒ったり、ムスっとした言い方をするのではなく、悲しそうに話をするということです。
私は今後もパパと会いたいのにそんなことを言われたら会えなくなってしまう、といった言い方をして、会えなくなる、ということを強調して伝えるようにするのです。
身体を求めているのを断るというよりも、会えなくなるという話に上手く切り替えることで、喧嘩やトラブルになることを防ぐのです。
そうすれば無理に言い寄ってくることもなくなりますし、今後も身体を求めるような発言はしなくなります。

 

パパへの問いかけ

そして、もう1つの方法としては、身体の関係をもたないと私と一緒にはいてくれないの、と問いかけるようにします。
私は身体の関係なしでも一緒にいて楽しいし、幸せだし、毎回とても満足しているということを伝えます。
また同時に、身体的な繋がりではなく、精神的な繋がりを重視しているから、身体だけを求められる関係にはなりたくないという事も伝えます。

 

そうすると、相手もそれ以上は言えなくなってしまうのです。

 

身体を求められるたびに辛くて悲しい気持ちになる、ということをしっかりと相手に伝えることが重要なのです。

 

嫌だ、とか、無理だ、という完全な否定形な言葉を使うことなく、断ることが大切なのです。

 

そうすると、相手も嫌な気持ちになるどころか、傷つけるようなことを言ってしまった・申し訳ないことをした・相手に不快な思いをさせないようにもう言わないようにしよう、という風に考えてくれます。

 

パパ活をする上では、恋愛をしているような関係でありながらも、一線は超えないように気を付けなければなりません。
それは、相手の人にも理解してもらわなければならないのです。

 

長期的な関係を望んでいるのなら尚更、相手に極力いやな思いはさせないような言い回しで断る必要があるのです。

 

そして、パパ活をする上で大事なのは、身体の関係がなくても相手の人が満足するような時間を提供するという事です。
そうすれば、身体の関係がなくてもこの子といると楽しいからまた会いたいと思ってくれるのです。
そう思わせることが出来れば、身体を求めてくるような発言はなくなります。

 

好きという感情を抱かずにデートをすることがパパ活なので、断るときはしっかりと断ることが大切です。
ただし、その際には、言葉や言い方などに十分に気を付け、絶対に怒ったり荒ぶった言い方などをしないように注意する必要があります。