身体の関係なしのデートに関するパパ活体験談について

MENU

身体の関係なしのデートに関するパパ活体験談について

は出会い系サイトを利用してパパ活をしていました。

 

まず、サイトで自分が探している条件に合うパパを見つけます。
私の場合は身体の関係は無しで、お食事やデートをしてお手当を頂くという条件でした。
拘束時間も2~3時間と指定をし、サイトの掲示板に書き込みをします。

 

この時に、自分の容姿についても簡単に書き込むようにすると沢山の方から連絡を頂くことが出来ました。

 

私が書き込んでいた内容は、年齢・身長・体重・顔が似ている芸能人・服装の系統などを記載していました。
これは、パパ活をしている子が段々と増えてきている為、沢山いる女の子の中から自分に注目をしてもらう為です。
詳しいプロフィールを載せることで私がどのような雰囲気の女の子かが予想できるため、パパ自身も自分好みの女の子なのかどうかを確認することが出来るのです。

 

そして、連絡が来たら、まず身体の関係はなしだということをもう1度確認し、具体的なデート内容や金額設定、会う日にちと場所を決めます。

 

この時に気を付けているのは、自分はパパ活をしているのであって恋愛目的でサイトを利用しているわけではありません。
なので、金額設定が低すぎたり、値下げ交渉をしてくるような人とは合わないようにしていました。
こういった人は実際に会ってもお手当を支給してくれなかったり、支給してくれたとしてもこちらと約束していた金額とは違った額だったりと、トラブルに成りかねない為です。

 

また、日にちが決定した後も、実際に会う日まできちんと連絡をとってくれるかというところにも注意します。
日にち設定だけして連絡が来なくなる人は、約束した日に来ないという冷やかしの可能性がある為です。

 

このように、出会うまでにも気を付ける点がいくつかあり、条件をすべてクリアした人だけと直接会うようにする必要があります。

 

デート当日

 

そして、実際に会う日になり、パパの服装を聞いて待ち合わせ場所に向かいました。

 

予定していた時刻よりも5分早く着くように行ったのですが既にパパは到着しており、無事に合流することが出来ました。

 

軽く挨拶を交わした後は、予約してくれているお店に向かいました。

 

お店に到着すると個室に通され、ディナーが始まりました。
お酒が好きな方だったので、一緒に付き合って乾杯をした後に、お手当を先に貰います。
後にすると、お酒が入ってしまっていたりすると酔ったふりをされて貰えない場合がある為です。
もちろん、パパ活だと周りに分からないようにこっそりと頂きました。

 

その後は、自己紹介などをしながら楽しく会話をします。
相手が楽しいと思ってくれるように、相槌をきちんと打ち、笑顔で話を聞きます。

 

そして、約束していた時間が近づいてきたら、パパの方からそろそろ行こうかと声をかけてくれ、席を立ち、別れました。

 

この後パパの方から連絡がきて、今日はとても楽しかったから、また後日美味しいお店に一緒に行こうと誘ってくれました。

 

 

このように、相手が楽しい時間を過ごせるように、一緒にいる時間はパパ活をしているということを相手に感じさせないようにすることが大切なのです。

 

ですが、正直、身体の関係なしという条件はなかなか難しいです。
会っている時にやっぱり身体の関係をありにしてほしいと言ってくる場合もありますが、そこはきっぱりと断ります。
1度許してしまうと、今度は身体の関係なしでは会ってくれなくなってしまう為です。

 

また、パパ活をする上では、自分磨きも大切になってきます。
メイクや髪型、ネイル、服装などの見た目を綺麗にし、相手に失礼のないようにしなければなりません。
同じような理由で、言葉遣いにも気を付けて必ず敬語を使うようにしました。

 

こういった細かなことに注意することで、身体の関係なしのデートが成立するのです。